文字サイズ

OUR COMPANY

私たちについて

ごあいさつ

CDC一般社団法人 著作権情報集中処理機構の使命

5Gなど高度情報化社会のプラットフォームの発達とともに、音楽配信や映像配信などのサービス内容の多様化とハイスペックな大規模コンテンツ配信サービス事業が拡大しております。この様なコンテンツ・ビジネスの事業展開においては、膨大なコンテンツ流通を支える斬新かつ合理的な著作権情報処理業務を円滑に実現する必要性がますます高まっております。

コンテンツ配信事業者と著作権管理事業者により設立されたCDC一般社団法人 著作権情報集中処理機構は、コンテンツ配信ビジネスにおける配信事業者と著作権管理事業者の共通の課題である円滑な著作権情報処理を担っており、Fluzoシステムの絶え間ない改良と増強により、多種多様で大量のコンテンツサービス事業における正確で適正な権利処理を実現しております。この事で大規模配信サービスから専門性の高いコアな配信サービスまで、あらゆるデジタルコンテンツ事業の進化と革新を裏方として支える役割を果たしております。

CDCの基本事業は、デジタル技術の進展により実現する高度で豊富なサービスを提供するコンテンツ産業の成功と推進に不可欠な基盤事業であります。

日本のコンテンツ配信サービスの推進にあたり、配信事業者と著作権管理事業者において重要な著作権情報処理業務を破綻なく円滑に実現することで、音楽配信や映像配信、ライブコンサートなど多様なネットワーク・コンテンツサービスの発展が社会や文化を豊かにする事に貢献できることを誇りに、CDCはこれからも配信事業者と著作権管理事業者との架け橋となり続けます。

理事長佐々木 隆一