一般社団法人 著作権情報集中処理機構

mainVisual

事業の目的

 著作物等の利用者及び権利者との連携の下に、著作物等の利用状況及び権利関係に関する情報を収集し、独自に開発したコンピュータシステムにより整理・集約したうえで、その結果を関係者に提供することによって、著作物等の適正かつ円滑な利用を促進することを目的とします。

 電子指紋、電子透かし、パターン認識など著作物(著作権)の管理に有用なコンピュータ技術について、その実装技術も含めて、ソフトウェアの利用技術・研究開発を行います。

 複数の権利者と1,000社10,000サイトで発生する膨大な音楽利用に伴う権利処理業務を一元化する画期的なシステムにより、将来に向け無限に広がるコンテンツ流通を支えます。

事業の概要

●コンピュータの利用による情報の提供により、音楽配信事業者における権利者への利用実績報告データの作成を支援します。

●先進のコンピュータマッチング技術の導入により、フィンガープリント、楽曲情報、外部コンピュータシステムとのインタフェースコード等複雑に関連する情報を一元的に管理するデータベースを構築し、より信頼性の高い情報として提供します。

●その他、上記に関連する事業を行います。

 当法人の事業は、政府の知的財産戦略本部が推進する「知的財産推進計画2008」に基づき内閣官房知的財産戦略推進事務局、文化庁、総務省及び経済産業省の支援・協力を得て行われます。

※知的財産推進計画2008(抜粋)
音楽のネット配信に対応した権利処理を改善する
 音楽のネット配信市場の拡大に伴い急激に増加した権利処理手続が効率的に行われるよう、楽曲コードの付与作業や照合作業等に必要な作業を集中的に処理する第三者機関が2008年度中に設立されるよう支援する。
(総務省、文部科学省、経済産業省)

※知的財産推進計画2009(抜粋)
コンテンツの取引支援システムを構築する
 2009年度から、音楽配信における利用データを集中処理し、円滑な使用料分配を可能とする「著作権情報集中処理機構」の利用状況を把握し、その円滑な運用を支援する。
(総務省、文部科学省、経済産業省)


一般社団法人 著作権情報集中処理機構
(Copyright Data Clearinghouse)
理事:佐々木隆一、理事:近藤正美

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-2-31 ヒューリック神保町ビル4階
TEL:03-3262-2601 FAX:03-3262-2602